健康な歯

「オーラルケア」の必要性

いつまでも自分の歯を維持したい、と誰もが考えるものです。健康な歯を維持することで全身の健康へとつながり、活き活きとした生活を保つことができます。まさに健康の基本は、「歯」にあるといっても過言ではないのです。 健康な歯を維持するためには、日常の「オーラルケア」をきちんと行なうことが必要です。今日では様々なオーラルケア商品が販売され、確かな効果が期待できます。口中のトラブルで最も多いのが、「虫歯」と「歯周病」です。これらを防ぐことで、いつまでも自分の歯を維持することが出来るのです。 口中トラブルを防ぐためには、通常のブラッシングと共に、デンタルフロスや糸ようじを使うことが必要です。また、研磨剤の使用していないものやフッ素を含んだ歯磨き剤を使用することで、口中環境を衛生に保つことができます。毎回のブラッシングで、オーラルケアに努めることが大切なのです。

毎日のセルフケアと、定期的な歯科医でのクリーニングが必要

毎日丁寧に歯を磨いていても、必ず磨き残しがでてきます。虫歯や歯周病の原因を、全て取り除く、と言うことは不可能です。通常の歯磨きでは届かない場所には歯垢が溜まり、その後「歯石」になります。この「歯石」は、通常のオーラルケアでは取り除くことができません。 自分で出来るオーラルケアには、限界があります。そのため、定期的に歯科医に通い、歯のクリーニングをしてもらう必要があるのです。治療内容により歯のクリーニング費用は異なりますが、一般的に3割負担の方で3000円前後になります。 自分で出来るオーラルケアと、歯科医によるクリーニングを併用することで、健康な歯を維持することが出来るのです。これらを実践して、自分の歯を健康に維持しましょう。

ページのトップへ戻る